遠方満席!!岡山のオススメラーメン店「中華そば 仙助」の魅力

グルメ

お悩み解決?元美容系営業マンが教える!美容・健康・グルメから音楽情報をお届け!

どうも!無類のラーメン好きのTommy☆です!

主に西日本にはなりますが津々浦々のご当地ラーメン屋を食べ歩いていて、今回自信をもってご紹介したいお店があるんです!!

岡山県にある「中華そば 仙助」さんです!

中華そばとラーメンの違い

中華そばとラーメンの違いルーツが違う!?事くらいしかなく…

それでも、中華そば屋さんとラーメン屋さんには違いがある様な気がするので深堀りしてみました!

お出汁や具の基本的なコンセプトがどうも違うようでした。

中華そばは醤油ベースのあっさりした昔ながらのラーメン?と言ったところで、ラーメンは麺やお出汁そのものにバリエーションがあり、巷で良くみるラーメンといったところですね(^^)

結局、定義付けもあまり現代のラーメン事情には関係なさそうでした!


仙助は岡山ラーメン!?

岡山には地域の名を冠したラーメンが数多くあります。

今回ご紹介している仙助さんは、その岡山ラーメンを代表する松系の元祖「玉松」さんからの店主が暖簾分けを受けたラーメンとのことでした!

そんな話を伺うとどうしても元祖へ言ってみたくなるのがラーメン好きのサガと言いましょうか…(^^)/

個人的な感想としては仙助さんのほうが、上品な味で醤油の配合バランスが整っているように感じました♪

「こってり」が好きだけど、ベース素材意外の食材の旨味が引き立っているラーメン好きには仙助がオススメです!

中華そば 仙助の魅力

大阪からでも通いたい魅力がぎっしり詰まっている中華そばの魅力を余す所なくご紹介させて頂きます。

魅力① こだわりのスープ

スープは豚骨醤油といったところですが、スープに甘みが感じられる所が他の豚骨醤油系ラーメンとの違いであり最大の魅力です!

店主こだわりの旨味成分とは…
甘みの正体は「はちみつ」と「野菜からの甘み」です!

スープの飲むと意外と「あっさり』です♪

スープが美味しすぎて、油断していると麺が余る程絶品です♪

トッピング次第にはなりますが、気がつくとトッピングとスープを食している自分が居る事に気がつく程です(^^)

魅力② トッピングメニューの豊富さ

なんでも乗せてしまえ的な雰囲気さえ感じるトッピングですが、スープとミックスされるとそれぞれ味やコクに変化が楽しめます!

私はいつもトンカツ入りを食べています 笑

トンカツの食感は固めに調理されており、優しいスープとの相性が抜群です!

スープも若干まろやかになり「うまい!!」の一言に尽きます!

(※HP記載の料金と最新の店舗の料金に違いがある部分については更新の関係かと思います!下記料金は2020年6月20現在の情報になります。)

基本がコレ!

・中華そば 650円
大盛り(麺2玉)850円 小 500円

トッピングメニューがコレ!

750円
・もやし入り
・玉子入り
・わかめ入り
・コーン入り

800円
・ジャンボギョーザ入り
・えのき入り
・キムチ入り

950円
・唐揚げ入り
・チャーシュー入り
・鶏カツ入り
・もやしチャーシュー入り

1050円
・とんかつ入り


(画像はトンカツ入り中華そばに烏龍茶と天むす、ジャンボギョーザになります)

魅力③ ごはんもの

ラーメンを食べる時は、ご飯を一緒に食べる方も多いのではないでしょうか?

凝り性の店主さんは中華そばに添えるごはんにも手をかけています!

炊き上げる釜に「こだわり」があり絶品と言えるご飯を提供してくれます♪

「羽釜」で炊き上げたご飯の特徴である少し硬めのシャキッと感がラーメンとの相性がとても良いです♪

またご飯メニューを用意されているので楽しみ方も人それぞれです!

 

基本がコレ!

・羽釜炊きご飯(中)200円 (大)250円

アレンジメニューがコレ!

・天むす 200円(人気メニュー!)

魅力④ おもてなしメニュー!?

店主のこだわりの遊び心なのか、定番メニューに飽き足りることなく地域の流行のメニューを仙助流で観光客の方へおもてなし♪

なかでも典型的なパターンとして、岡山県発祥のご当地グルメである「デミかつ丼」があります!

デミカツ丼はソースの変わりにデミグラスソースを使用したカツ丼になります。

中華そばと一緒に食べると味が喧嘩しているようにも感じますが、単品で食べると意外とマッチします♪

・肉みそスタミナ丼 350円
・小デミかつ丼 450円
・単品デミかつ丼 850円
・香龍麻婆麺 930円
・香龍麺 880円
・Riki Curry (リキカレー) 手作りサラダ付き 950円 (新メニュー)

店舗情報

中国道山陽インターを出て県道27号線を美作方面へ約10分程の位置にあり、目印は左手にあるセブンイレブンや赤磐市役所の向かい右手に中華そば専門店と言う「赤い看板」が目印になります。

店主は一見気難しそうに見えますが、とても優しい方です!

キッチンの中にいる姿はキリッとしていて昔のイタリアサッカーの代表メンバーだったロベルト・バッジオに似たイケメンおじさんです(^^)

中華そば 仙助

【住所】岡山県赤磐市町苅田531-1
【電話番号】086-957-3844
【営業時間】11:00~17:00
【定休日】ホームページに月毎に記載

まとめ

無類のラーメン好きでもあり、これまで津々浦々ラーメンを食べて来ました。

それぞれに魅力はありますが、ハチミツがキーポイントとなっていて、個性を出している仙助のラーメンはコクと甘みがあっさり感を出していて、岡山県に遊びに行った際は一度お試し頂きた中華そば屋です!

前日も大阪から岡山に行き仙助を食べに訪れたほどです!

Gourmet & Happiness

ビールのお供に単品メニューもありますが中華そばを食べる事が中華そば 仙助を楽しむ醍醐味のように思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました