【夏のセンバツ】史上初のコロナ無観客高校野球交流試合2020 

スポーツ

日常のHOTな最新の情報やネタをご紹介!
こんにちはTOMMY☆です!

夏と言えば夏休みと夏の甲子園と宿題を思い浮かべるのではないでしょうか?

夏の甲子園の起源は1915年に大阪府豊中グランドで第一回が開催され2019年の大会で第100回年記念を迎えています。

新型コロナで開催が危惧されていた夏の風物詩「選抜高校野球」は今年は交流試合として行われることになりました。

高校野球交流戦とは

新型コロナの影響で今年の春は中止となりましたが、ここは日本高野連がやってくれました!

史上初の「甲子園高校野球交流試合」として開催される事となりました。

新型コロナの対策も加味した今年の甲子園。

約47,000人入るキャパを持つ甲子園が「蜜」にならない様、1校当たりの参加人数を制限した無観客開催で責任教師1名、監督1名、選手の20名、記録員1名、ノッカー1名、補助員5名、校長か準じる者1名の合計30人以内という条件で、春の甲子園に出場予定の32校が1試合づつ試合を行う形として8/10~8/12の前半と8/15~8/17の後半に分けて「無観客の甲子園」として熱き球児による熱戦が繰り広げられます。

注目の対戦カード

注目の対戦カードが発表になりました!

<前半>
【8月10日】
明徳義塾(高知)vs 鳥取城北(鳥取)
大分商(大分)vs 花咲徳栄(埼玉)
【8月11日】
天理(奈良) vs 広島新庄(広島)
創成館(長崎)vs 平田(島根)
明豊(大分)vs 県岐阜商(岐阜)
【8月12日】
鹿児島城西(鹿児島) vs 加藤学園(静岡)
智弁学園(奈良) vs 中京大中京(愛知)

<後半>
【8月15日】
履正社(大阪)vs 星稜(石川)
磐城(福島)vs 国士舘(東京)
仙台育英(宮城)vs 倉敷商(岡山)
【8月16日】
明石商(兵庫)vs 桐生第一(群馬)
帯広農(北海道)vs 健大高崎(群馬)
鶴岡東(山形)vs 日本航空石川(石川)
【8月17日】
白樺学園(北海道)vs 山梨学院(山梨)
智弁和歌山(和歌山)vs 尽誠学園(香川)
大阪桐蔭(大阪)vs 東海大相模(神奈川)

みどころ 2選

今年の交流戦は見どころが沢山ありますが注目の2戦をご紹介します。

大阪桐蔭 vs 東海大相模

同世代である大阪桐蔭の西谷監督と東海大相模の門馬監督は毎年交流試合も行う程の交流がありますが、本大会が初の甲子園になり繰り広げられる攻防が注目されます!

履正社 vs 星稜

再び昨夏の甲子園決勝カードとなる。
履正社が勝利した昨年の甲子園ですが、今年は甲子園経験豊富な荻原投手、寺西投手のダブルエースに、履正社の主将は元阪神選手関本を父に持つ関本選手、小深田選手がどれだけ食い下がる事が出来るかが特に見ものです!

注目の選手< 3 選 >

高校野球交流戦で出場予定の選手の中で特に注目すべき3校の選手をご紹介させて頂きます。

中京大付属中京高等学校 高橋宏斗投手

最速148キロの強腕の持ち主で、去年の公式戦では19試合無敗記録を持つドラフト有力右投投手。
その実力ぶりは馬淵監督(明徳義塾)を唸らせたほど。
昨年秋は75回を投げて、72奪三振、防御率1.68。

大阪桐蔭高等学校 西野力矢選手

「ごんちゃん」と言われる可愛らしい愛称とは裏腹に高校通算24本塁打を誇るドラフト有力候補選手。
中学時代は南大阪ベースボールクラブで35本の本塁打記録を達成しており、今大会の注目の目玉選手です。

明石商業高等学校 中森秀介投手&来田涼斗選手コンビ

【中森俊介】
コントロールが売りであり、最速151キロをマークする期待のイケメン投手!
父は元サッカー選手、母は元バレーボール選手の中森美幸さんという事もあり、身体能力の高さには頷けます。

【来田涼斗】
ココ一番で実力を発揮する幸運に恵まれ、ファンを魅了する「華のある選手」。
打てば通算本塁打は29本、走れば50m5.9秒でスター性が輝いています。

PL学園時代の桑田・清原のK・Kコンビの再来なるか!

まとめ

開催される形は「いつもの甲子園」ではありませんが、球児にとって開催される事になった今年の甲子園!

私は中学時代野球部に所属し、高校時代はバドミントンへ行った球児には無縁の人間ですが、大阪桐蔭高校は我が母校の系列校!

いつも食堂に大阪蔭高校の生徒がいる光景が昨日の事の様に懐かしいです!

応援にも力が入りますが、出場校の球児、関係者全ての人がコロナに負けない熱い戦いを繰り広げてくれることを期待します!

日常に溢れるネタ仕入れに「ポチっ」とかれとぴ!
current&topics

コメント

タイトルとURLをコピーしました